外国文学の世界

サリンジャーの伝記・評伝読み比べ~作家の人生と文学作品の考察

サリンジャーの伝記・評伝読み比べ~作家の人生と文学作品の考察

J.D.サリンジャーの作品は、多分に自伝要素が強いと言われる。

実際に体験したことを素材として小説を作り上げるのが、サリンジャーのやり方だったのだ。

逆説的に言うと、サリンジャーの人生を理解することで、サリンジャーの文学作品に対する理解を深めることができる、と言うこともできる。

それが、どういう意味かということは、サリンジャーの伝記を読んでみれば分かるはずだ。

謎に包まれたサリンジャーの私生活だが、現在は数種類の伝記が出版されているので、かなりの部分まで、その人生に近づくことができる。

今回は、日本語で入手可能なサリンジャーの伝記についてまとめておきたい。

サリンジャー―生涯91年の真実 / ケネス・スラウェンスキー

created by Rinker
¥5,060
(2024/06/21 10:09:54時点 Amazon調べ-詳細)

作家の伝記と作品考察とを並列的にまとめた、サリンジャー伝の決定版。

サリンジャー文学を理解するための伝記としては、今のところ一番のおすすめ。

ニコラス・ホルト主演で『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジャー』として映画化された。

スラウェンスキー「サリンジャー―生涯91年の真実」あらすじと感想と考察
スラウェンスキー「サリンジャー―生涯91年の真実」サリンジャー文学の教科書ガイドケネス・スラウェンスキー「サリンジャー―生涯91年の真実」読了。 本書は、サリンジャーの死後に刊行された、作家初の本格的評伝である...

サリンジャー / デイヴィッド・シールズ、シェーン・サレルノ

created by Rinker
¥5,617
(2024/06/21 10:09:54時点 Amazon調べ-詳細)

200人以上の関係者から集めた証言を、年代順にまとめた証言集。

様々な視点からの証言が集約されて、一つのサリンジャー像を形成している。

サリンジャー伝の中では最大ボリュームで、読み応えあり。

デイヴィッド・シールズ「サリンジャー」あらすじと感想と考察
デイヴィッド・シールズ「サリンジャー」戦争のトラウマから生まれた名作の謎を解くデイヴィッド・シールズ「サリンジャー」読了。 本書「サリンジャー」は、『ライ麦畑でつかまえて』の著者、J・D・サリンジャーについて...

サリンジャーを追いかけて / ポール・アレクサンダー

created by Rinker
¥2,700
(2024/06/21 10:09:55時点 Amazon調べ-詳細)

伝記作家が制作したサリンジャーの評伝。

歴史の教科書的にまとまっていて読みやすいが、深みはない。

文学的考察が雑で、あまり参考にならないのが残念。

ポール・アレクサンダー「サリンジャーを追いかけて」あらすじと感想と考察
ポール・アレクサンダー「サリンジャーを追いかけて」サリンジャーの歴史の教科書ポール・アレクサンダー「サリンジャーを追いかけて」読了。 本作は、1999年(平成11年)に刊行されたJ.D.サリンジャーの評伝で...

サリンジャーをつかまえて / イアン・ハミルトン

作家の存命中に出版されたサリンジャーの伝記。

私的な手紙を多数引用していることから、サリンジャーに裁判で訴えられ敗訴した結果、実際に出版された伝記は、かなり骨抜きにされている印象がある。

サリンジャーの評伝というよりは、サリンジャーの伝記を書くことの難しさを伝えるためのドキュメンタリーみたいだ。

ハミルトン「サリンジャーをつかまえて」あらすじと感想と考察
ハミルトン「サリンジャーをつかまえて」サリンジャーと裁判で争った日々イアン・ハミルトン「サリンジャーをつかまえて」読了。 本書は、1988年(昭和63年)に刊行されたJ.D.サリンジャーの評伝である...

我が父サリンジャー / マーガレット・A・サリンジャー

created by Rinker
¥3,200
(2024/06/21 10:09:56時点 Amazon調べ-詳細)

サリンジャーの長女が綴った自叙伝。

家族にしか分からない生身のサリンジャーが描かれている。

現在のところ、サリンジャー一族による回想記は、この一冊のみだ。

マーガレット・A・サリンジャー「我が父サリンジャー」あらすじと感想と考察
マーガレット・A・サリンジャー「我が父サリンジャー」戦争と反ユダヤのトラウマとカルトマーガレット・A・サリンジャー「我が父サリンジャー」読了。 本書は、作家<J.D.サリンジャー>の長女が綴った自叙伝で...

ライ麦畑の迷路を抜けて / ジョイス・メイナード

created by Rinker
¥264
(2024/06/20 10:46:16時点 Amazon調べ-詳細)

1972年から1973年にかけて、サリンジャーと同棲していた女性の自叙伝。

サリンジャーの評伝というよりも、暴露本といった趣きが強い。

著者は、経済的理由を明らかにしており、後に、サリンジャーの手紙をオークションにかけて処分している。

ジョイス・メイナード「ライ麦畑の迷路を抜けて」あらすじと感想と考察
ジョイス・メイナード「ライ麦畑の迷路を抜けて」サリンジャーと同棲した日々ジョイス・メイナード「ライ麦畑の迷路を抜けて」読了。 本書は、1998年(平成10年)に刊行された自伝的回想録である。 原題...

サリンジャーと過ごした日々 / ジョアンナ・ラコフ

created by Rinker
¥3,113
(2024/06/20 13:41:35時点 Amazon調べ-詳細)

1996年にサリンジャーとの交流があった若い女性の回想記。

マーガレット・クアリーやシガニー・ウィーヴァーの出演で『マイ・ニューヨーク・ダイアリー』として映画化された。

サリンジャーの出番は少ないけれど、現代の若者がサリンジャー文学に惹かれていくプロセスが興味深い。

ジョアンナ・ラコフ「サリンジャーと過ごした日々」あらすじと感想と考察
ジョアンナ・ラコフ「サリンジャーと過ごした日々」疎外感を抱えた新社会人の自立の物語ジョアンナ・ラコフ「サリンジャーと過ごした日々」読了。 著者曰く、「これは、サリンジャーとの一年間を描いた実際の物語」だ。 ...
ABOUT ME
青いバナナ
アンチトレンドな文学マニア。推しは、庄野潤三と小沼丹、村上春樹、サリンジャーなど。ゴシップ大好き。