サイトについて

もともと、そんなつもりはなかったのですが、読書の内容が、ほぼほぼ昭和時代に書かれた作品に絞られてきているので、ブログ名も分かりやすく「昭和文学★読書日記」としました。

お気に入りは、昭和30年代から40年代に書かれた小説や随筆。

特に、<第三の新人>庄野潤三は、全著作読破しています(平成に書かれたものも含めて)。

児童文学や俳句も好きです。

外国文学も読みます。

流行に流されず、自分の好きなものを読み続けていきたいと思います。