外国文学の世界

サリンジャー「エズミに捧ぐ―愛と汚辱のうちに」精神を病んだ若者の破滅と再生

サリンジャー「エズミに捧ぐ―愛と汚辱のうちに」あらすじと感想と考察

サリンジャー「エズミに捧ぐ――愛と汚辱のうちに」読了。

本作「エズミに捧ぐ」は、1950年(昭和25年)4月『ザ・ニューヨーカー』に発表された短編小説である。

この年、著者は31歳だった。

作品集としては、1953年(昭和28年)にリトル・ブラウン社から刊行された『ナイン・ストーリーズ』に収録されている。

サリンジャー「ナイン・ストーリーズ」あらすじと感想と考察
サリンジャー「ナイン・ストーリーズ」心の闇が深い若者たちの喪失感を描いた都会派青春小説サリンジャー「ナイン・ストーリーズ」読了。 本作「ナイン・ストーリーズ」は、1953年(昭和28年)に刊行されたサリンジャーの短編小説...

汚辱にまみれた若者の心と少女の人間愛

本作「エズミに捧ぐ」は、戦争で精神を病んだ若者が、一人の少女からの手紙によって希望を取り戻すという、破滅と再生の物語である。

1944年(昭和19年)4月、アメリカ兵の<わたし>は、イギリスのデヴォン州で、ノルマンディ上陸作戦のための特殊訓練を受けていた。

いよいよロンドンへ向かって出発するという日の夕方、<わたし>は散歩の途中で寄った喫茶店で<エズミ>という一人の少女と出会う。

13歳ぐらいの彼女は、<チャールズ>という弟を連れていたが、父と母を亡くし、伯母の家で暮らしていると言った。

今や孤児の彼女は、卑屈になることもなく、自分の両親が、いかに立派な人間であったかということを話して聞かせる。

そして、<わたし>の職業が短編作家だと知ったとき、エズミは、自分だけのための短編小説を一つ書いてほしいと乞う。

「どちらかといえば、汚辱のお話が好き」と、言った。「何の話ですって?」私は身を乗り出して言った。「汚辱。わたし、汚辱ってものすごく興味があるの」(サリンジャー「エズミに捧ぐ」野崎孝・訳)

別れる間際にも、彼女は「うんと汚辱的で感動的な作品にしてね」と、<わたし>に念を押した。

貴族の流れを汲むという彼女は、毅然としてはいたけれど、戦争による精神のダメージには、やはり計り知れないものがあったのかもしれない。

場面は変わって、1945年(昭和20年)6月。

ノルマンディ上陸作戦を成功させた見習曹長<X>は、パヴァリア(ドイツのバイエルン地方)のガウフルトにある民家の二階にいた。

後半に入って、物語の主人公は<わたし>から<X>へと転換しているが、これは明らかに同一人物だろう(神経衰弱の<わたし>に、一人称で物語を進めることは難しかったのかもしれない)。

激しい戦闘で精神を病んだXは、不眠と顔の痙攣に悩み、手が震えるため、まともに字を書くことさえできない。

「おい、じょうだんじゃねえぜ。おめえを病院で見たときよ、おらあ、もうちっとで気を失うとこだったぜ。てんで、死人そっくりなんだからな」(サリンジャー「エズミに捧ぐ」野崎孝・訳)

物語後半のほぼすべてにおいて、神経衰弱に苦しむXの汚辱的な様子が克明に描き出されている。

破滅の際にあった彼を救ったのは、ロンドンへ出発する直前に出会った13歳の少女エズミからの手紙だった。

彼女は手紙と一緒に、父の形見だという腕時計を同封していた。

腕時計はガラスのところが壊れていたが、他に故障がないかどうかを、彼は調べてみることができない。

ところが、その腕時計を手にしているうち、彼は陶然と引き込まれていくような快い眠気を覚える。

エズミ、本当の眠気を覚える人間はだね、いいか、元のような、あらゆる機──あらゆるキ─ノ─ウがだ、無傷のままの人間に戻る可能性を必ず持っているからね。(サリンジャー「エズミに捧ぐ」野崎孝・訳)

ガラスの壊れた腕時計は、戦争で病んだX(=<わたし>)の精神状態の象徴だろう。

しかし、極度の不眠から解放されたXには、回復へのわずかな希望を感じることができる。

「あらゆる機能」が「あらゆるキ─ノ─ウ」となっているのは、腕時計の秒針のリズムと読み解くこともできる。

つまり、彼の心は腕時計のガラスのように壊れているけれど、人間としての機能はまだ壊れてはいないということが、ここに暗示されているということだ。

副題にある「愛」とは、亡くなった両親や孤児になった弟、そして、行きずりの孤独なアメリカ兵に捧げる、エズミの愛情を意味するものだろう。

戦地での神経衰弱という汚辱にまみれた若者の心は、エズミという一人の少女の人間愛によって救われる。

「バナナフィッシュにうってつけの日」では自殺するしかなかったアメリカ兵の汚辱が、「エズミに捧ぐ」では再生の物語として描かれているのである。

なお、戦争PTSDについては、野間正二「戦争PTSDとサリンジャー 反戦三部作の謎をとく」に詳しい考察がある。

野間正二「戦争PTSDとサリンジャー」あらすじと感想と考察
野間正二「戦争PTSDとサリンジャー」性的不能による家庭崩壊と絶望からの自殺野間正二「戦争PTSDとサリンジャー 反戦三部作の謎をとく」読了。 本書「戦争PTSDとサリンジャー」は、2005年(平成17年)...

「汚辱」とは、参戦国アメリカであり、戦争そのものだ

著者サリンジャーのアメリカに対する感情は、イギリスの少女エズミの言葉によって示唆されている。

「だって」と、彼女は言った。「わたしの見たアメリカ人って、やることがまるで動物みたいなんですもの、いっつもおたがいに撲り合いをしたり、みんなを侮辱したり、それから──一人はどんなことをしたか、ご存じ?」(サリンジャー「エズミに捧ぐ」野崎孝・訳)

一人のアメリカ兵は、エズミの伯母の家の窓から、ウイスキーの空き瓶を放り込んだのだと言う。

<わたし>は、およそ兵隊というものは自家から遠く離れているし、恵まれた境遇にあった者なんかほとんどいないと釈明するが、「一人はどんなことをしたか、ご存じ?」というエズミの質問は、作中の<わたし>ではなく、本作品を読んでいる読者(戦後のアメリカ人)に向かって発せられた質問だろう。

傷付いたアメリカ兵の苦悩を描きつつ、「エズミに捧ぐ」は、戦地におけるアメリカ兵の恥ずべき姿をも同時に描いている。

アメリカ兵の神経衰弱も、アメリカ兵による乱暴な行為も、つまりは戦争に対する批判であり、戦争に参加した本国アメリカに対する批判なのだ。

「汚辱」とは、戦争に参加した故国アメリカの姿であり、戦争そのものの姿である。

汚辱を拭うことができるのは、人間による、人間同士の愛だ。

エズミが願った「うんと汚辱的で感動的な作品」、それを実現することができるのは、やはり、戦争の話しかなかったのだろうか。

作品名:エズミに捧ぐ――愛と汚辱のうちに
著者:J.D.サリンジャー
訳者:野崎孝
発行:1974/12/20(1988/1/30改版)
出版社:新潮文庫

created by Rinker
¥649
(2024/03/05 06:01:08時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
やまはな文庫
元・進学塾講師(国語担当)。庄野潤三生誕100年を記念して、読書日記ブログを立ち上げました。いつか古本屋を開業する日のために、アンチトレンドな読書ライフを楽しんでいます。