読書コラム

大切な本の日焼け防止「グラシン紙」を使ったブックカバーの作り方

コロナ禍でおうち時間が増えてから、本を買うことが多くなった。

新刊書だけではなく、古本まで買うようになって、蔵書はどんどん増え続けている。

本を収納する上で、最も悩ましいのは「本の日焼け問題」だ。

新書では入手できない本は、どうしても古書で探すしかないが、古書には傷みの激しいものも少なくない。

中でも目立つのは、著しく日焼けしたような本で、どんなに稀少なものも、あまりに日焼けした本は、手に取る気になれない。

同時に、自分の持っている本が日焼けしないかどうかということが、やけに気になりだした。

「カビ」と「日焼け」は、蔵書にとって最大の敵である。

以下、今回は、大切な本を日焼けから守る方法について整理してみた。

ドアの付いた書棚に保管すること

本を日焼けから守る一番良い方法は、ドアの付いた書棚に保管することである。

ドアにはガラスがあっても良いが、ガラスは透明ガラスではなく、摺りガラスが望ましい

この方法だと、本に直射日光が当たることはないから、蔵書が日焼けする心配はない。

我が家で使っているのは、大工だった僕の祖父が若い頃に製作したという木製の書棚である。

これは大きくて頑丈で摺りガラス製だから、非常に重宝している。

庄野潤三の書籍は、全集まで含めて全部、このガラス書棚の中に保管している。

ちなみに、僕の自慢は、庄野潤三の全著作を、すべて「初版・帯付き」で持っている、ということだ(笑)

カーテンで閉め切った部屋を書斎にする

もっとも、その他の書棚は、すべてドアのないオープンな造りのものばかりなので、日焼け防止には気を遣わなければいけない。

僕は、一部屋を「蔵書のための部屋(いわゆる書斎、というか保管庫)」と決めて、カーテンを閉めたままにしている。

この部屋にある本は、基本的に太陽光が当たることはないから安心だ(時々、カーテンと窓を開けて空気を入れ替えている)。

それでも本は収納しきれないから、次に書棚は狭い廊下に沿って並べてある。

居間と玄関を結ぶ廊下は、基本的には光が入らないけれど、居間のドアを開けたときに太陽の光が射し込むから、絶対に安全だとは思われない。

さらに、書棚は寝室と居間にもある。

寝室と居間には大きな窓があるから、太陽の光がたっぷりと入って明るい。

本の収納には、最悪の環境のような気がする、、、

本を一冊一冊グラシンペーパーで包み込む

そこで思いついたのが、ちゃんとした古本屋でやっているように、本を一冊一冊グラシンペーパーで包み込むことである。

グラシンペーパーというのは、半透明の薄い紙のことで、ブックカバーのように本を包んで保護することができる一方、半透明だから、本を包んでも背表紙を読むことができる(ここがポイント)。

本を汚れと日焼けから防止する方法として、古本屋では昔から普通に用いられている方法だ。

Amazonに行って「グラシンペーパー」で検索すると、商品がいくつもヒットする。

文庫や新書に使えるサイズのものだと、50枚でせいぜい1,000円も出せば買える。

安いものだと、100枚で1,000円というものもあるが、値段によって品質がどの程度違うのか分からない。

初めてなので、とりあえず、何種類か買って比較してみることにした。

グラシン紙で本を包む最も簡単な方法

本の包み方は、極めて簡単な方法である。

何千冊あるか分からない本全部に、グラシン紙をかけることは、おそらく現実的ではないような気がする。

大切な本から順番にグラシン紙を付けていくつもりだが、それにしても、時間はかかるだろう。

要は、日焼けを防ぐことができればいいのだから、包み方にはこだわらないことにした。

まずは、グラシン紙を一枚敷いた上に、本のカバーを裏返しにしておく。

ちなみに、今回、モデルに使っている本は、庄野潤三『ザボンの花』の角川文庫版

庄野潤三『ザボンの花』角川文庫版庄野潤三『ザボンの花』角川文庫版

古書市場でも、なかなか見つからない、貴重な文庫本である。

本にグラシン紙をかけるというが、「本のカバーをグラシン紙で包む」と言った方が正しい。

「本の日焼けを防止する」というのは、「本のカバーが日焼けすることを防止する」という意味なのだ。

カバーの日焼け防止が目的なので、背表紙と表表紙、裏表紙が入る大きさの紙であれば、大きさとしては十分である

「文庫用」「新書用」「B6サイズ」などとして売られているものなら間違いない。

グラシン紙の上にブックカバーを置いたら、まずは、ブックカバーの下辺に合わせて、グラシン紙をしっかりと折る

本を包み込むことが目的なので、多少曲がったりしても全然問題はない。

グラシン紙の上下に隙間ができないように、しっかりとブックカバーに密着させるのがコツだグラシン紙の上下に隙間ができないように、しっかりとブックカバーに密着させるのがコツだ

下辺をしっかりと折り込んだら、次に、ブックカバーの上辺に合わせて、グラシン紙をしっかりと折る

このとき、グラシン紙の上下に隙間ができないように、しっかりとブックカバーに密着させるのがコツだ。

上下を折り込んだら、次に左右を同じように折り込んでいく

僕は、最初に右側を折り込んで、次に左側を折り込むようにしているが、どちらが先でも問題はないだろう。

上下左右の四辺を折り込んだら完成で、これを文庫本にかけてやればいい。

上下を折り込んだら、次に左右を同じように折り込んでいく上下を折り込んだら、次に左右を同じように折り込んでいく

文庫本は表紙が柔らかいので、最初に裏表紙をブックカバーとグラシン紙の間に挿し込んでから、次に、表表紙を同じようにブックカバーとグラシン紙の間に挿し込むようにしている。

この方法だと、文庫本が完全にグラシン紙に包み込まれるので、かなり安心感がある。

ただし、表紙の固い単行本などは、裏表紙のみブックカバーとグラシン紙の間に挿し込むようにして、表表紙は無理に挿し込むことはせず、ただ表紙にかけるだけにした方がいい。

最初に裏表紙をブックカバーとグラシン紙の間に挿し込んでから、次に、表表紙を同じようにブックカバーとグラシン紙の間に挿し込む最初に裏表紙をブックカバーとグラシン紙の間に挿し込んでから、次に、表表紙を同じようにブックカバーとグラシン紙の間に挿し込む

貴重な蔵書を傷ませてしまっては本末転倒である。

今回、数種類のグラシン紙を使ってみたけれど、本のブックカバーとして用いるという分には、どの商品も大差なかったような気がする。

書籍の傷み防止という観点では、耐用年数などであるいは差が出てくるのかもしれないが、グラシン紙そのものに経年劣化が見られたら、そのときにグラシン紙を交換してやればいいだろう。

村上春樹と庄野潤三の初版コレクション

最後に、せっかくの機会なので、今回、グラシン紙で包んだ大切な蔵書の一部を紹介(自慢)しよう(笑)

といっても、別に稀覯本コレクターとかではないので、凄いものはない。

自分の敬愛する作家の本は「初版・帯付きで集めたい」という程度の趣味で、現在のところ、村上春樹と庄野潤三は、コレクションとして完成している。

特に、庄野潤三は、どちらかと言えばマイナーな作家なので、「初版・帯付き・美品」の収集には苦労した。

入手まで一番時間がかかったのが、庄野潤三の『夕べの雲』

庄野潤三『夕べの雲』初版・帯付き庄野潤三『夕べの雲』初版・帯付き

代表作と言われている割には、初版本がなかなか見つからない。

まして、「帯付き・美品」となると、かなり数は少ないものらしい。

これは<第三の新人>時代の仲間に宛てた献本を入手したものである。

次に、庄野潤三『ザボンの花』の初版本で、これも高名な文学者に宛てた献本である。

庄野潤三『ザボンの花』初版・帯付き庄野潤三『ザボンの花』初版・帯付き

庄野さんには、サイン本が多いような気がする。

庄野潤三でもう一冊、『愛撫』の初版本

庄野潤三『愛撫』初版・帯付き庄野潤三『愛撫』初版・帯付き

庄野さん初めての作品集で、当時のチラシも一緒に挟まっていた。

ただし、古い本は、こういうチラシを入れたままにしておくと、書籍本体が変色してしまうので要注意だ。

続いて、もう一人の敬愛する作家・村上春樹から『1973年のピンボール』

村上春樹『1973年のピンボール』初版・帯付き村上春樹『1973年のピンボール』初版・帯付き

デビュー作『風の歌を聴け』に続く長編小説第二弾で、「鼠三部作」の中でもっとも印象の薄い作品だろう(それだけに好きだというファンも多い)。

最後に、村上春樹『羊をめぐる冒険』の初版本

村上春樹『羊をめぐる冒険』初版・帯付き村上春樹『羊をめぐる冒険』初版・帯付き

「鼠三部作」の完結編で、未だに評価の高い初期の名作である。

文庫版では上下巻の二冊分冊として刊行されているが、単行本では一冊だった(これは『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』も同じ)。

初版本を入手すると、次に欲しくなるのが、作品初出の雑誌。

庄野さんの場合、古い時代から書いているうえに、単行本未収録のエッセイも多いので、全部集めることは現実的ではないだろうなあ。

まとめ

ということで、以上、今回は、大切な蔵書を日焼けから防止するグラシンペーパーについて、ご紹介しました。

次は、本棚が絶対的に不足しているという本棚問題と向き合わなくては、、、

created by Rinker
プレミアム紙工房
¥940
(2022/12/07 23:59:18時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
じゅん
庄野潤三生誕100年を記念して、読書日記ブログを立ち上げました。庄野潤三さんの作品を中心に、読書の沼をゆるゆると楽しんでいます。