日本文学の世界

志賀直哉「小僧の神様」淋しい気持ちは他人に同情することの難しさ

志賀直哉「小僧の神様」あらすじと感想と考察

志賀直哉「小僧の神様」読了。

本作「小僧の神様」は、1920年(大正9年)1月『白樺』に発表された短編小説である。

この年、著者は37歳だった。

志賀直哉に噛みついた太宰治

本作「小僧の神様」は、金持ちの貴族院議員が、見ず知らずの貧しい少年(秤屋の小僧)に、美味しい寿司を奢ってやるという物語である。

少年をかわいそうに思って、議員は寿司を御馳走してやるのだが、その後で、ひどく淋しい気持ちになる。

Aは小僧に鮨を御馳走してやった事、それから、後、変に淋しい気持になった事などを話した。「何故でしょう。そんな淋しいお気になるの、不思議ネ」善良な細君は心配そうに眉をひそめた。(志賀直哉「小僧の神様」)

ちょっと考えた後で、細君は「ええ、そのお気持わかるわ」「そういう事ありますわ」「そんな事あったように思うわ」と、夫に共感を示す。

しかし、その理由は書かれていない。

この書かれていない余白の部分が、つまり、本作「小僧の神様」のテーマである。

金持ちの貴族院議員は、なぜ、淋しい気持ちになったのか?

「小僧の神様」を読んだ太宰治は、金持ちの傲慢だと、志賀直哉を公然と批判している。

この者は人間の弱さを軽蔑している。自分に金のあるのを誇っている。「小僧の神様」という短篇があるようだが、その貧しき者への残酷さに自身気がついているだろうかどうか。ひとにものを食わせるというのは、電車でひとに席を譲る以上に、苦痛なものである。何が神様だ。その神経は、まるで新興成金そっくりではないか。(太宰治「如是我聞」)

実は、太宰治は、自分の作品を貶された腹いせに、志賀直哉の作品に因縁を付けているのだが、太宰の指摘する「金持ちの傲慢さ」こそ、貴族院議員の淋しさの原因となるものだった。

金持ちの議員が、貧しい少年をかわいそうに思い、同情した気持ちは純粋なものである。

しかし、金持ちが貧しい者に施しを与えるという行為は、どんなに純粋な善意によるものであっても、その行為自体、金持ちの傲慢を含んでいると受け止められる可能性を抱えている。

そのことを知っているからこそ、寿司を御馳走した金持ちの議員は、自分の行為に淋しい気持ちを感じているのである。

つまり、この物語は、貧しい者に同情することの難しさを描いた作品なのだ。

困っている者を救済することにためらってはいけない

一方で、寿司を奢ってもらった少年は、寿司を御馳走してくれた金持ちに、心からの感謝を示す。

彼は悲しい時、苦しい時に必ず「あの客」を想った。それは想うだけで或慰めになった。彼は何時かは又「あの客」が思わぬ恵みを持って自分の前に現われて来る事を信じていた。(太宰治「如是我聞」)

少年にとって、金持ちの議員は「神様」である。

そこに、寿司を御馳走してやった男の救いがある。

稀に、太宰治のような狂人が、他人の善意に嚙みついてくるかもしれない。

しかし、他人に同情するということは、そのような「金持ちの傲慢」と呼ばれる批判を恐れてはならないのだ。

困っている者を救済することにためらってはいけない。

それが、この物語の隠された教訓なのである。

最後に著者は、小僧が男を訪ねていく場面を書こうと思って止めた、と綴っている。

小僧は其処へ行って見た。ところが、その番地には人の住いがなくて、小さい稲荷の祠があった。小僧はびっくりした。──とこう云う風に書こうと思った。然しそう書く事は小僧に対し少し惨酷な気がして来た。(太宰治「如是我聞」)

稲荷の祠があることが、どうして小僧に対して残酷なのか?

著者は、小僧に、人の善意を信じる気持ちを、信じたままにさせておきたかったのだ。

いつか一人前になったとき、もしかすると、かつての小僧は、貧しい少年に寿司を御馳走してやるかもしれない。

そうした善意の循環から成る社会をこそ、この物語は期待しているのである。

電車で高齢者に席を譲ることは恥ずかしいかもしれない(偽善と言われそうで)。

しかし、その恥ずかしさを乗り越えてこそ、「助け合うことのできる社会」というものが成立するのではないだろうか。

作品名:小僧の神様
著者:志賀直哉
書名:小僧の神様・城の崎にて
発行:2005/04/15 改版
出版社:新潮文庫

created by Rinker
新潮社
¥649
(2024/02/28 17:57:21時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
やまはな文庫
元・進学塾講師(国語担当)。庄野潤三生誕100年を記念して、読書日記ブログを立ち上げました。いつか古本屋を開業する日のために、アンチトレンドな読書ライフを楽しんでいます。