日本文学の世界

飯田龍太「思い浮ぶこと」俳句と釣りを愛した俳人が綴る随筆という醍醐味

created by Rinker
¥205
(2022/07/01 20:12:22時点 Amazon調べ-詳細)

飯田龍太「思い浮ぶこと」読了。

あとがきには「この随筆集は、前著『無数の目』についで、昭和四十七年の春から六ヶ年間に発表した雑文を纏めたものである」「「俳句の風土」と題し、『中央公論』に二ヶ年間にわたって執筆した小文の連載が終ったところで、昭和五十三年の秋、単行本として刊行した」とある。

ざっくりと言えば、俳句と釣りと交友関係の話が多い。

俳句に関しては、毎日ひとつの俳句を書き残す「一日一句」の話がいい。

「俳句遠近」の中に「上達の秘訣」として提唱しているものだが、俳句を上手になりたいと思うのだったら、毎日ひとつの俳句を書きつけていくといい。

ただし、どんなに忙しいときでも体調の悪いときでも、必ず一句を書かなければならない。

逆に、調子が良くて、たくさんの作品ができるような日であっても、書き残すのは、その中で一番気に入った一つの句だけ。

これを三百六十五日続けたら俳句も上達するだろうというもので、毎日必ず一つの俳句を書き残すというのは、簡単そうに見えて決して簡単なことではないと思われる。

俳句上達法としては、「俳句は石垣のようなもの」の中に、いついかなる季節でも、自分の好きな先人の俳句を、一句だけ記憶していること、というのもある。

大切なことは、これからやってくる目前の季節をとらえた俳句であることで、一月の終りであれば二月の作品から一句を選ぶというようにすると、季節感に敏感でいることができる。

釣りの話では「ヤマメと手打ち蕎麦」がいい。

戦後間もない頃、八ヶ岳の麓にある乙事という部落の文化祭に招かれたとき、講演が終わった後の食事で供された手打ち蕎麦のつけ汁には、干魚にして保存したイワナのダシがたっぷりと入っていたそうだ。

渓流沿いの道から真蒼に澄んだ淵を覗くと、尺ヤマメの黒い影が無数に見えたというのだから、釣り人にとっては垂涎の光景である。

もっとも、龍太先生は「私は、二年ほど前から、ヤマメ釣りを止めた」「みずから定年を課したのだ」「このまま続けていると、いずれは「川立ちは川に果てる」という諺通りになるにちがいない」と、ヤマメ釣りを引退したことを綴っている。

ヤマメ釣りの引退の話は「釣りのことなど」にも出ていて、「渓流釣りの定年は五十歳だそうだ」とある。

渓流釣りの本質を知っているからこその潔い判断だったということだろうか。

日本銀行長崎支店でビジネスマンをしていた金子兜太を訪ねる

交友関係の話としては、木下夕爾、金子兜太、永井龍男、庄野潤三、車谷弘などが登場している。

「長崎の一夜」は、日本銀行長崎支店でビジネスマンをしていた金子兜太を訪ねる話。

長崎市内を観光した龍太先生は「勝手に歩き廻っているうち、山がかったところの妙なスラム街に出た。坂道の片側は一面の墓地。それも多くは原爆のための無縁墓とみえ、墓石が散乱したまま。これはこれでスラムとはまた別の鬼気があった」と綴り、その後に、兜太の『長崎にて』で、「華麗な墓女陰あらわに村眠り」「山上の墓原をゆく天を誹り」などの作品を見たときには、すぐに上記の場所を思い出したという。

この夜の兜太との初対面の酒宴はおおいに盛り上がったらしく、兜太の作品を褒めると「うん、あれは天下の名作です」と喜び、批判したときであっても「いや、あれは天下の名作です」と、不愉快になることもなく、ぬけぬけと自画自賛したそうである(兜太先生はさすがだ)。

甲州の無名の俳人を紹介する「無名極楽—村の俳人たち」もいい。

戦前までは、その滝水に頭を打たすと、気狂い病が癒るといわれた。素肌に経文を書いた晒をまとい、両手両脇を肉親に押えられた狂人が滝に打たれている情景を私も何度か目撃した。髪をふり乱し、顔面蒼白となって泣きさけぶ声が、鬱蒼と茂った欅の林にこだました。しかし、しばらくすると、糸を曳くようにか細くなって、いつかその声も杜絶える。(飯田龍太「無名極楽—村の俳人たち」)

ひとつの俳句の中から、様々な情景が甦ってくる。

むしろ、こうした記憶を呼び起こすものこそが、俳句であるということなのかもしれない。

庄野さんに触れた「小さな旅—庄野潤三氏のこと」については、別に書きたい。

書名:思い浮ぶこと
著者:飯田龍太
発行:1981/8/10
出版社:中公文庫

created by Rinker
¥205
(2022/07/01 20:12:22時点 Amazon調べ-詳細)

ABOUT ME
じゅん
庄野潤三生誕100年を記念して、読書日記ブログを立ち上げました。庄野潤三さんの作品を中心に、読書の沼をゆるゆると楽しんでいます。